「ほたるがいけぶんかようちえんのほいく」って…



・当園では「体験を通した学びと、その過程」を大切にして
  →創造力や共感力、問題解決能力を高め「自ら学び動ける子」になる基礎作りをしています。

・幼稚園型認定こども園として
  →教育・保育スタッフの質と量を整え、各クラス20名前後の少数で、ていねいに保育を進めています。
  →1号・2号認定児どちらにも対応するよう、教育時間後の預かり保育スタッフも各学年担任制にし、送迎用駐車場も完備しています。

・幼稚園・保育教諭の他にも
  →「幼児専任講師の体操・スイミング指導」で身体バランスや体力の向上を目指します。
  →「ネイティブの英語講師による指導」や「海外の幼稚園とのライブ交流や動画で世界各国の今を知る活動(ぶんかドア)」で国際感覚を育てます。

・小1プロブレムの無い小学校へのスムーズな接続を目指して
  →年長児は、カリキュラム内に「エスアイあそび(知能教育)」を取り入れ、小学校との連携活動も進めています。

・地域のお年寄りや小学生、園内での縦割り保育による他学年との交流も多く、温かい心が育ちます。


「これからの幼児教育とは…」
 これからの「コロナ後」の時代には、すぐに結果が見えやすい「数を数えられる、文字がわかる」といった、単に知識を増やす「認知能力」よりも、これからの人生において、さらに大切になってくる「根気づよく努力したり、自ら問題を乗り越える自己解決力、人と理解し合い協力して何かをやり遂げる」といった「非認知的能力」の基礎をつちかうことが、幼児期にとても大事なのです。

 というのも、子どもたちが大人になる20〜30年後には、肉体労働や単純作業は全てロボットが人に替わって行い、社会のグローバル化が進んで世界各国の人々と手をつないで仕事をしたり生活をする、という時代がやってきます。
そんな時代を幸せに生きていくには、知識よりも「自立的に行動したり、粘り強くあきらめない、うまくコミュニケーションがとれる」といった「目に見えない生きる力」をつけることが重要です。

 国もその「目に見えない力」の重要さを認識して、幼稚園から大学までの指導要領を大改革し、知識偏重の詰め込み教育が時代遅れとなる中、「アクティブラーニング」の名の下に思考力・判断力・表現力・創造力を身につけることが、これからの学力となります。

 当園ではそういった「目に見えない力」の発達や成長をできるだけ保護者のみなさまに「見える化」していきます。

 園のウエブサイトやブログ、毎月のショートムービーや写真などによる保育内容の情報共有に加えて、担任の先生たちがクラス便りを楽しくビジュアル化して毎月の発達の様子をお知らせするなど、保育の「見える化」をさらにおし進め、子どもたちの発達や成長のよろこびをお父さんお母さんと共有して、園と家族が手を取り合い、楽しく子育てできる園を目指します。



文化の入園


  • 令和5年度の入園 〜認定こども園と幼児教育・保育の無償化について〜



  • pdf無償化説明書


 蛍池文化幼稚園は、平成27年度より幼稚園型認定こども園になり、先生の人数を増やし、保育室・教材などの設備の充実により、幼稚園として、また2号認定児に対応した保育園としても、質の向上をいたしました。

 また「教育・保育の無償化」制度により、月々の基本保育料は無償化され、保護者の負担は毎月の特定保育料のみとなっています。
ご両親がフルタイムで就労されている2号認定児に加え、1号認定児でも就労条件を満たせば、パート勤務でも「新2号認定」という新しい認定になれます。
新2号認定児は、保育料の無償化に加え、日々の預かり保育料の一部(450円/日、最大11,300円/月)がキャッシュバックされることになっています。

 当園では子育て支援の観点より、1号認定児・新2号認定児の預かり保育料も、できるだけ無償化に近づくよう対応していきます。



◆募集定員


3年保育児 1号認定児40名
平成31年(2019)4月2日~
令和2年(2020)4月1日生まれ
3年保育児 2号認定児30名
(連携保育園からの入園児約10名含む)
満3歳保育児 1号認定児若干名
令和2年(2020)4月2日~
令和3年(2020)4月1日生まれ

 ▷年長・年中児の編入枠(1号認定児)も受け入れ可能です。

 ▷2号認定児(保育の必要な認定児)は、20名程度一般枠で受け入れいたします。
  申し込みは豊中市子ども未来部入所入園係(06-6858-2440)までお願いします。

 ▷満3歳児の入園は、満3歳になった翌月以降になります。
  ※満3歳児の願書受付は令和5年3月1日より、先着順に願書受付いたします。



◆入園説明会


※本年度の入園説明会も密を避けるため、予約制といたします。
参加ご希望の方は、電話(06-6843-1234)、またはメールbunkayouchien@gmail.comでご連絡ください。



令和4年
9月1日(木)
14時00分〜
15時30分まで
上靴と筆記用具をお持ちください。
令和4年
9月3日(土)
10時00分〜
11時30分まで
令和4年
9月17日(土)
10時00分~
11時30分まで

※入園説明会の動画もご覧いただけます♪
(約45分・令和4年度分になります。令和5年度の説明会は9月1日に撮影してアップします)
説明会動画の閲覧および願書一式をご希望の方は
電話 06-6843-1234 または メール bunkayouchien@gmail.com でご連絡ください。
説明会の動画リンクをメールにてお知らせし、資料一式を郵送いたします。




◆出願について


入園願書受付
令和4年10月3日(月) 午前8時より
入園願書に必要事項をご記入の上、検定料1,000円と重要事項同意書を添えて提出し、面接票をお受け取りください。
入園面接
令和4年10月8日(土) 午前9時〜12時頃予定
(受付順により、ご来園時間が違います。
面接票をご覧ください)

 ▷お子さま・保護者と先生・園長との面接
 ※入園に際しお子さまの発育状況を確認する面談です。
  試験ではありませんので、ご心配なく。お子様の普段の様子を見せていただきたいです。

 ▷入園許可書授与および入園準備をご納入いただきます。
  同時に制服の採寸およびご注文、保育用品の予約注文もいたします。



◆入園に必要な費用

入園準備金
30,000円
入園面接時に現金でお持ちください。
施設協力費
20,000円×3回=計60,000円
年1回(4月)保育料引き落とし口座より
自動振替になります。

 ▷入園準備金は返還しません。
  施設協力費は、転園・退園以降の年数分は頂きません。

 ▷寄付金などは一切徴収いたしません。

 ▷納付して頂く授業料等一切の費用にかかる消費税は別途いただきません。

 ▷兄弟等同時入園又は同時在園となる場合は、施設協力費の1/2を減免いたします。
  (10,000円×3回になります)


◆毎月の納付金



「幼児教育・保育の無償化」制度により、3歳〜5歳(就学前)の認定こども園の基本保育料は無償です。
1号・2号認定児に加え、新設された「新2号認定児」は、基本保育料に加え、日々の預り保育料がキャッシュバック(450円/日、最大11,300円/月)されます。

認定こども園が独自に徴収している「特定保育料」「実費保育料」は無償化の範囲外になりますので、以下の保育料は毎月必要です。


 ▷令和5年度 蛍池文化幼稚園 特定保育料(年間12回毎月必要な費用/月額)
①教育充実費
3,500円
体操・スイミング・英語などの外部講師の費用
及び保育環境充実の為の教員人件費補助の費用
②行事費
1,500円
園外保育・誕生会・作品展など行事の費用
(雑費を含む)
③保護者会費
1,000円
保護者会活動のための会費
④年長知育・国際教育教材費
1,000円
エスアイ知能あそび・ぶんかドア教材の費用
(年長のみ)

 ▷特定保育料は欠席された場合でも、基本的には返還いたしません。

 ▷令和5年度 蛍池文化幼稚園 実費保育料(利用児のみが必要な費用)
通園バス代
往復2,500円 片道1,500円
預かり保育
利用費
(1号認定児のみ)
450円/日
月・火・木・金曜又は午後保育日
15:00〜18:00
(3H/おやつ代込)
900円/日
水・保育のある土曜日又は午前保育日
12:00〜18:00
(6H/おやつ代込)
1,500円/日
保育のない土曜日又は休園日
8:00〜18:00
(10H/おやつ代込)
(1・2号認定児共通)
150円/時
早朝保育7:00〜8:00(1H)
延長保育18:00〜19:00(1H)

 ▷入園時には制服代・用品代、学年によりメロディオンや年長キャンプ代・お別れ遠足代・卒園アルバム代等の実費が必要です。



◆給食費用無料 継続について

 当園では、全ての園児が給食費無償(施設負担)です。(午前保育日および預かり保育時の給食代除く)

 若いお父さん・お母さんにとって、幼稚園通園費用の負担は大変なものと思います。
「教育・保育の無償化」にあたり、当園では預かり保育料も無償に近づくよう努力いたします。

 さらに地域とともに、もうすぐ創立100周年を迎えるにあたり、地域への還元の意味を込めて、給食費の完全無料化もまだまだ続けます。
[給食費 350円×13回=4,550円(月平均)⇒ 完全無料]

 もちろん、安かろう悪かろうでは、全く意味がありません。これからも1年1年、ていねいに保育の質を向上させていくこともお約束します。今後とも、蛍池文化幼稚園を、よろしくお願いいたします。
 〈無償化制度では、豊中市内の保育園・認定こども園の2号認定児は、保育料に含まれていた副食費が実費徴収となり、4500円を保育料とは別に支払わなければなりませんが、当園は1号認定児も給食費無償なので、2号認定児からもいただきません〉



入園関係書類ダウンロード

NEW◆入園関係書類(令和5年度版)ダウンロード:

蛍池文化幼稚園の令和5年度の入園関係書類がダウンロードできます。


NEW◆入園までに準備するものの作り方ダウンロード:

「幼稚園ねっとお裁縫部」による手作りグッズの作り方がダウンロードできます。